• Yui Ushida

映画「ラ・チャナ」


7/21公開の映画「ラ・チャナ」の試写会を見てきました♫

(ピカリンさん、関係者の皆様、本当にありがとうございます!)

スペインで公開された時からずっと見たくて、でもちょうどスペインにいない時だったり、行ったら終わっててDVDもまだで・・・と、自分のタイミングが悪すぎて、待ちに待った映画です。

動画でだけど、初めてチャナの踊りを見た時 脳天打ち砕かれて、コレです!コレ!

と、ずっと彼女の若い時の動画を見ていました。

激しさと強さと、凛とした美しい野生さ。

でも若い頃のものしか見つからないから、不思議に思っていたけれど、

壮絶な過去を背負われていたなんて露知らず、私はただチャナの踊りが好きなだけでした。

映画は、今の彼女の緩やかな日々の生活の中と共に、その人生の軌跡を追ってゆきます。

決して何かを誰かを激しく否定したり、悲劇のヒロインを作りあげてはいない。

でもそこには、誰にもどうすることも出来なかった、その時代の常識と価値観が色濃く浮き上がっていました。

いつの間にか目からは涙が溢れ、同じようにDVに耐え続けた母を思いました。

おそらく嫉妬から受けた、元彼のモラハラも思い出しました。

現代を生きる私たちは、自分のより良い人生のためにそれを断ち切る術があって、そうしたとしても誰からも咎められることは無いでしょう。

それが叶わなかった時代や環境の過酷さを思いました。

運命に負けない不屈の精神と、母として、踊り手としての強さと、その天性の芸術性と、

何より茶目っ気たっぷりに、少女のような可愛らしさで生きるチャナに、見終わってからも心を打たれっぱなしです。

フラメンコをしている人はもちろん、フラメンコを知らなくても、男女とわず、とても楽しめる良い作品だと思います。

気になる方はぜひ!「ラ・チャナ」を見に行ってみてください♪

http://www.uplink.co.jp/lachana/


103回の閲覧